不動産ワクチンがなぜ今必要か?」カテゴリーアーカイブ

瑕疵(かし)担保保証

今まで3回ほど書きました瑕疵担保保証ですが
最近増えてきた
「売主が個人の場合の瑕疵担保保証」について書くことにします

先日も弊社の会員様からあったご質問でした

~ココから解説~

個人の売主の方の場合は
瑕疵担保責任免責として売買契約を結ぶことが出来ます。

但し、売主が知っていて隠していた瑕疵について
買主は発見した時から一年以内に修復請求等が出来ます。

売主さんが瑕疵担保免責での契約を希望していた場合
不動産の保証は基本的に無いことになります。

ちょっと視点を変えて
瑕疵担保責任「あり」で契約した場合の事を考えます。
(ここからはあまりネットには書いていないと思いますよ~)

個人の方が売主さんで瑕疵担保保証が付いていた場合
どこまで保証があるのでしょうか?

実は法律には定めがありません(意外でした?)
ではどうするか?

一般的な売買契約書約款にはこう記載されています
—ここから—
売主の瑕疵担保責任
1.売主は買主に、本物件を現状有姿のまま引渡すものとします。
ただし、売主は、本物件について引渡し後、2ヵ月以内(3ヶ月の場合もあり)に
発見された 雨漏り、シロアリの害、建物構造上主要な部位の
木部の腐蝕、給排水設備の故障の瑕疵についてのみ、
買主に対して責任を負うものとします。

但し、天災地変が原因となる個所及び消耗品
(耐用年数を超えた部分)は除くものとする
なお、買主は、前記瑕疵を発見したときは、
すみやかに売主に通知し、修復に急を要する場合を除いては
立会う機会を与えなければなりません。

2.前項の瑕疵が発見された場合、売主は、自己の責任と
負担において、その瑕疵を修復しなければなりません。
なお、買主は売主に対し、本物件の瑕疵について、
前記修復の請求以外、本契約の無効を主張し、
または本契約を解除し、もしくは損害賠償の請求を
することはできません。

3.売主は、本契約締結時第1項の瑕疵を知らなくても
その責任を負わなければなりませんが、
買主が、第1項の瑕疵を知っていたときは、
売主はその責任を負いません。

※契約書式によって多少言い回しが変わります
—ここまで—

会社によって多少違いますがおおむね同じです。
瑕疵担保保証と言っても全ての部分ではなく限定的な部分で
①雨漏り
②シロアリの害
③構造上主要な部分の木部の腐食
④給排水設備の故障
だけとなります。

しかも保証期間は2ヶ月(長くても3ヶ月間)限定です
(不動産会社が売主の場合は2年間となります)

実はこれらのことは「プロが見ればほとんど分かります」(笑)
普通の不動産営業マンだと無理かもしれませんが
建築士の資格を持っている人(私も持っていますよ♪)なら
ほぼ間違いなく分かりますね。

その為、瑕疵担保責任免責と書いてあっても
恐れることはあまりありません。
逆に瑕疵担保責任免責と書いてある物件は
元々安い価格で販売されるというメリットと
お値引き交渉がしやすいというメリットもあります。

「瑕疵担保責任免責」という物件を
オススメしているわけではありませんが
最初から排除してしまうのももったいないと思います

不動産コンサルタント 杉山 善昭

不動産トラブルは予防が最も大切です。
安心安全な不動産を見極めるためにオススメする本
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カテゴリー: 不動産コンサル杉山善昭のブログ, 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | 瑕疵(かし)担保保証 はコメントを受け付けていません。

不動産屋に払ったお金が戻らない

マイホームを探していて気に入った家があるとしましょう。
よくある話が、「物件を押さえておくので
1万円とか10万円置いていってください。」という話。

弊社ではそういった営業活動はしていませんが、よくあるようです。

今回はこのようなケースについて書いていきますね。
何事もなく売買契約が完了した場合、払ったお金は
充当されるのであまり問題になることはないと思われます。

しかし、何らかの原因で契約が締結されなかった場合
どうなるでしょうか?

払ったお金が手付金なら、返還されません。
手付金以外なら、基本的に返還されるべきお金です。

但し相手が手付金だと主張するなら別の問題が発生しますが
今回は割愛します。

大切なことは、お金を払うときに
それが、どういったお金なのか?ということを
よく確認することです。
出来れば書面でもらうとよいでしょう。

不動産トラブルは予防が最も大切です。
安心安全な不動産を見極めるためにオススメする本
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カテゴリー: 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | 不動産屋に払ったお金が戻らない はコメントを受け付けていません。

住宅減税が受けられない

住宅ローンを使ってマイホームを購入すると
税金が安くなる制度があるのをご存知でしょうか?
住宅ローン減税制度と言います。

一定基準に該当するマイホーム(戸建て、マンション)を
購入した場合、最大300万円の減税を受けることができます。

さて、その住宅ローン減税の基準ですが
床面積50㎡以上という規定があります。 続きを読む

カテゴリー: 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | 住宅減税が受けられない はコメントを受け付けていません。

家を建替える時に敷地が取られてしまう土地

建物が古くなってくるとやはり建替えが頭をよぎりますよね。
建替えをするか?リフォームをするか?
お悩みになる方も多いと思います。

その際に、建替えの費用がどのくらいかかるか?ということは
大きな要素です。 続きを読む

カテゴリー: 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | コメントする

宅地なのに建替えできない土地とは?

土地の地目が「宅地」と聞けば、ほとんどの方が宅地なら
建物が問題なく建てられる。と思いますよね?

と・こ・ろ・が・・・

建替えができない場合があるのです。 続きを読む

カテゴリー: 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | コメントする

不動産購入で気をつけるべきポイントが分かります

慣れない不動産購入は不安ではありませんか?

どんな点に気をつけたらいいのか。
不動産会社選びはどうすればよいのか。
購入はどのような流れで進んでいくのか。
いつお金を払えばよいのか。 続きを読む

カテゴリー: 不動産ワクチンがなぜ今必要か? | コメントする